HOME > プロダクト > RS-485無線化モジュール BXM-W485

受託開発におけるベルデザインの強み:仕様書の読み取り能力、開発TATの短縮、高品質、検証メソドロジ手法に対応

保有スキル:画像処理技術、デジタルフィルター技術、液晶パネル制御技術、通信インタフェース処理技術、AMBAバスシステム、機能検証自動化手法、FPGA実装技術

各種画像処理・センサー周辺・CODEC・映像・音声・通信インタフェース・パネル制御・メモリ制御・画質向上

通信プロトコル処理・論理合成・FPGA・高位検証・CPU-BUS

RS-485無線化モジュール BXM-W485
商品構成イメージ
商品構成イメージ
商品構成
  • BXM-W485(RS-485無線化装置)
  • CRESSON-MD920MH
特徴
  • 特定小電力無線使用のため免許不要です
  • 配線の無線化により、配線敷設コストの削減が期待できます
  • Modbus機器対応(ASCII、RTUモード)
  • RS-485終端抵抗は本製品が内蔵しております
  • マルチホップ通信に対応しております
  • ソフトウェアカスタマイズサービスも承ります
      シリアル通信のデータ長、パリティビット変更等
      GPIO、I2C、アナログ入力のオプション追加対応
お客様メリット
  • 広域に渡るRS-485データ取得システムを低コストで構築が可能
機能イメージ
機能イメージ
商品イメージ
商品イメージ
性能諸元
有線部仕様 インタフェース EIA-485(RS-485)
通信方式 半二重方式
同期方式 調歩同期方式
伝送速度 9.6/19.2kbps
データbit長 8bit
パリティ 無し/奇数/偶数
終端抵抗 120Ω
無線部仕様 無線規格 ARIB STD-T108 Ver1.0
周波数帯 922.4MHz~928.0MHz
チャネル数 最大 29 チャネル
送信電力 -20 ~ +13 dBm
最小受信感度 -99dBm
変調方式 2-GFSK
転送速度 50/100/200kbps
その他 PCインタフェース USB仮想シリアル
電源電圧 DC5~24V 若しくはUSBバスパワー(排他接続)
消費電流 60mA以下 (5V時)
外形寸法 91mm x 55mm (名刺サイズ)
動作環境 -20~+60℃(結露なきこと)
<アプリケーション例1>
工場内制御ユニット間通信の無線化
アプリケーション例1
<アプリケーション例2>
大規模太陽光発電所の接続箱データの転送最大30ノードのModbus網を無線化
アプリケーション例2